代表メッセージ

代表取締役 小寺雄三

頑張った人には頑張っただけの正当な評価を

当社の人事の基本は、「評価されるべき人がきちんと評価される」ことです。役職があるというだけで給料を多くもらったり、ゴマすりや贔屓(ひいき)があったり、そういう会社はとにかくイヤでした。めいっぱい貢献してくれているスタッフにその対価を払うのは当然のこと。給与や手当を惜しむようなことはしていません。

「スマートシティ」の構築に向けて

私たちスマートテックは、2005年の創業以来、太陽光発電やオール電化事業、住宅リフォーム事業を中心に事業展開を行い、飛躍的な成長を続けてきました。

そして現在、次の一手として、業界に先駆けて取り組みを始めているのが「スマートシティ」の構築に向けた新電力(PPS)事業。2016年の電力小売完全自由化によって起こる電力改革の波にいち早く乗り、太陽光発電のみならず、風力・水力・バイオマス発電など、地域の豊かな自然を利用したグリーンエネルギーによる電力の買取・販売を行います。

目指すのは、「エネルギーの地産地消」

地域の電力会社として、自然環境や地形を生かしたグリーンエネルギーを創出し、供給する。それによって地域経済の循環や新しい産業の創出を実現し、地域の発展にも貢献できるのではないかと考えています。

既に、ITを駆使して家庭内のエネルギー消費を最適にコントロールする「スマートハウス」や、ITや新しい発電方法を組み合わせ、新しい電力ネットワークと再生可能エネルギーを推進する「スマートグリッド」などへの取り組みもはじめています。そして、その先に見据えているのが、これらを利用した街づくりである「スマートシティ」の構築です。

総合エネルギー企業としてチャレンジしていきます

再エネ事業と住宅事業、そして新電力(PPS)事業。この3本の柱を主軸に、全国展開はもちろん、海外展開も目指しています。すでにオーストラリアやベトナムなどの国の政府や企業とは交渉が進行中で、近々、海外事業部を本格的に立ち上げる予定です。万博開催に向けて建設ラッシュが始まっているドバイでも事業参入を目指しており、海外で活躍したいという想いを持つ方の応募も歓迎します!

私たちが目指すのは、総合エネルギー商社として、グリーンエネルギーのさらなる可能性を広げ、地域社会に貢献していくこと。今後は上場を視野に入れつつ、2020年にはスマートシティ構想の本格化を実現させる予定です。

夢に向かって共に頑張れる仲間を求めています

業界をリードすべくハイスピードで変化していく会社(※近年の売上高の推移)なので戸惑うこともあるかもしれませんが、入社して1年後には自分の成長や変化といった手ごたえを感じてもらえる会社だと思います。新電力(PPS)事業に関わる仕事は、新規事業ならではのやりがいや面白さに溢れています。私たちが求めるのは、成長意欲を持った、やる気と情熱あるエネルギー。挑戦心と向上心に溢れるみなさんとの出会いを楽しみにしています!

スマートテックが求める人物像とは?

ENTRY!

mizutech